薬剤師ってどんなお仕事?    初歩からの簡単講座


薬歴ってなに?

投稿者: vakjoy, カテゴリー: 未分類

漢字を見ての通り、薬の履歴のことです。

患者さんのこれまでの薬を服用してきた履歴を記録したものです。

かなりプライバシーに関係する情報が記載されています。

薬の名前、服用する量そして日数のほかに患者特有のプロフィールつまりアレルギー、副作用、体質、病歴、妊娠の有無、たばこやお酒の有無、その他服用している薬の有無などです。

これらの履歴を新たな処方せんの内容と突き合わせて、何か変更がないか問題がないか検討して、必要であれば医師に疑義照会します。

 

日本独自


薬歴は日本独自のシステムで、世界の先端を行っているといえます。

医師が患者の情報をカルテに記録するのと同じように、薬剤師は患者の情報を薬歴に記録するというわけです。

 

薬剤師は薬歴に基づいて薬の飲み合わせや副作用について、さらに薬の保存の仕方についてチェックをすることができます。

薬歴は「薬歴簿」として保管されていますが患者の数だけそのファイルの数が増えていく問題があります。

薬局で管理するのですが保管するためのスペースに限界があります。

またデータになっていないものは、後から検索したり読み取ったりするときに苦労する場合があります。

そこで最近では薬歴を電子化して保管する「電子薬歴」も登場しました。

 

デジタル化


電子薬歴ならば保管スペースは必要ありませんし、情報を検索したり加工もしくは判読したりすることが簡単になります。

それまであった紙の薬歴簿でもスキャナーで読み取って電子化することができます。

手書きの調剤簿であってもイメージデータとしてスキャナーで読み取っておけばコンピューター上で一括管理することができます。

薬歴簿を電子ファイルとして保管しておけば薬歴を問い合わせたり、プリンターで印刷出力したりすることができます。

もちろん電子データになっているので IT時代に求められる当然のこととして、薬歴という個人情報は細心の注意を払って管理する必要があります。

 

電子カルテをはじめ医療のさまざまの現場で IT化が進んでいますが、薬剤師の現場でもこの波が確実にやってきています。

 

コメントは受け付けていません。

処方せんってなに?

投稿者: vakjoy, カテゴリー: 未分類

医師が患者の診察をして病気の治療に必要な投薬を処方するための文書です。

処方せんは医師が作成するもので薬剤師が作成するものではありませんが、薬剤師にとってとても重要な書類です。

なぜなら処方せんを受け取ってはじめて薬剤師としての仕事が回るからです。

 

宝箱


処方せんは情報の宝庫です。

患者についての情報、医療保険の種類、受給者番号、保険医療機関の名前や住所・電話番号、発行した医師の署名または押印、交付した年月日、処方せんの使用期限、医薬品・用法用量・ジェネリックへの変更の可否などが含まれます。

 

医薬品名は原則としてブランド名が使われます。薬の成分名でもかまいません。

日本の医師の場合、製薬メーカーの営業の結果、ブランド名で覚えていることが多いのでこちらの方で記載されることがほとんどです。

処方せんには薬局向けに載せられた情報として、備考欄に調剤するときの留意点などが記載されることもあります。

 

薬局として処方せんを受け付けたら、調剤した年月日、薬局名、薬剤師名を記載して保管します。

保管期限は3年間が義務付けられています。

処方せんの使用期限は発行日を含めて四日だけです。

一人の薬剤師が1日に処理できる処方せんの枚数は 40枚までとなっています。

薬事法で定められているからで、処方せん受付けから投薬までの一連の流れを一人で行う場合、40回以上対応するのは無理があると判断されているためです。

 

薬局としては


最近では医療機関のすぐ近くに調剤薬局がありますから、ほとんどの患者は近くの薬局を利用すると思います。

法律上、患者さんは調剤する薬局を自由に選ぶことができることになっています。

医療機関の方が薬局を指定することは許されていません。

処方せんは患者の自由意思で選んだ薬局に持ち込むことが原則となっています。

 

正式な処方せんとして認められるのは、患者が薬局の窓口に持っていく時です。

原則としてはそれ以外の方法では正規の処方せんとは認められません。

ですからFAXなどで受け取るとしても、それは正式な処方せんとはなりません。

また、医師が診察しないまま処方せんを発行することは、無診察治療行為として禁止されています。

薬剤師はその処方せんが正規のものであることや、処方した医師による署名か押印が確実にあることを確認する必要があります。

 

コメントは受け付けていません。

調剤薬局の仕事の流れ

投稿者: vakjoy, カテゴリー: 未分類

薬剤師の職場としては調剤薬局の場合が多いと思います。

調剤薬局の場合は患者さんと直接会って応対することが不可欠です。

薬を提供するときに袋に詰めてお会計をするだけではありません。

どのような症状や病気で医療機関にかかったのかなどのインタビューや服薬指導、そして後発医薬品いわれるジェネリックに関する事柄も説明することなども含まれます。

 

ではこれらの流れを一つ一つ説明していきます。

 

処方せん監査

これは処方せんに記載されている内容に間違いがないか記入漏れはないかなどを確認します。

医薬品名、用法・用量、服用方法なども違っていないかどうかを確認します。

また処方せんの有効期限は発行日を含めて4日間なので、無効になっていないか確認します。

薬歴とお薬手帳との照合

処方せんを受け付けて調剤作業に入る前に照合します。

患者がこれまで処方されてきた薬の履歴、つまり薬歴や患者さんが持って来たお薬手帳を確認します。

薬が重複していないか、これまでと今回の薬のことを考えて投薬し過ぎていないか、そして現在服用している薬との相互作用について確認します。

疑義照会

以上までの段階で記載漏れや患者の状況からみて問題がある場合に、処方せんを発行した医師に照会します。

照会するにあたって、あらかじめ代わりとなる薬について調べておきます。

後発医薬品の希望の確認

後発医薬品つまりジェネリックの選択が可能な場合には、患者に対して処方せんに記載されている薬に対応したジェネリックがあることを伝えます。

患者の希望に応じた対応をします。

服薬指導

患者に対して医薬品名や服用時の注意点、保管上の注意点などを説明します。

調剤

専用のコンピューター(レセプトコンピュータ)に処方内容に入力します。

それから医薬品を取りそろえて調剤しますが、医薬品の種類を取り違ないように注意します。

調剤監査

調剤した薬剤師とは別の薬剤師が処方通りの調剤となっているか確認します。

薬袋印字

患者さんが正しく服用できるように服用回数や用法など基本的な情報を記載します。

受け渡し、お会計

ここでようやく患者さんに薬を渡すことになります。

薬を渡す時には本人確認のため必ず名前で呼びます。

そして薬の名前や見分け方、服用時の注意事項などを伝えます。

調剤の内容をダブルチェックして取り違いがないようにしているように、人間としての患者さんにふさわしく対応していくことが必要です。

 

このように調剤薬局でのお仕事には処方せんを受け付けてからお会計まで様々な手順があることがわかります。

以上の手順に加えて、調剤薬局で働く場合の薬剤師に求められるスキルは他にもあります。

当サイトが参考にしているサイトにいろいろ情報が載っているので、薬剤師を目指しているなら見てみると良いですよ。

調剤薬局での薬剤師の仕事

 

コメントは受け付けていません。

勤務先の研修体制はどうか

投稿者: vakjoy, カテゴリー: 未分類

6年間の教育課程を修めて、薬剤師の国家試験に合格したとしても、実はすぐに現場で活躍できるわけではありません。

 

現場に立つためには


現場で活躍できるようにするためにはまず薬剤師としての教養や知識や技能が求められます。

そのために研修制度が設けられています。

研修制度は新人のためだけなく、その後のステップアップのためにも研修を設けているところがあります。

 

新人研修

患者さんと向き合う現場に出るために、最低限の知識や技能を身に着けている必要があります。

薬局の場合、半年から1年ほどのカリキュラムで、社会人としてのマナーから始まり保険制度や医薬分業、調剤業務などを学ぶことになります。

それと並行して、入ってから3ヶ月あたりから実務教育も始まります。

この時に処方せんの受け付けから薬の受け渡しまでの一連の流れを覚えます。

具体的には、処方せんの受付の仕方、薬歴の記載方法、疑義照会の仕方、調剤の仕方、処方せんから病名を読み取る方法、医薬品管理、調剤時の注意点などです。

疑義照会とは、医療機関から発行された処方せんに疑わしい点があった場合、発行元に内容について確認することです。これは薬剤師に求められている義務です。

この義務と権限が薬剤師としての本質だといえます。

それらを学び終える実際の現場で指導薬剤師のもとで働くことになります。

この段階まで終えると、一人前の薬剤師として働くことができます。

 

中堅薬剤師研修

1~2年目の薬剤師を対象に知識・技術ともにさらに向上を目指し、さらにスキルアップするための研修が行われます。

フォローアップ研修ともよばれます。

将来、管理職として成長するための専門分野の研修が行われます。

 

管理者研修

これは3年目以降の新人管理者を対象として行われます。

幹部候補を育成するため、管理薬剤師としての考え方やスタッフを育成する仕方、またマーケティングなどを学びます。

このように薬剤師としてよいスタートを切るための手厚い研修制度が設けられています。

ここではおもに薬局勤務の場合について取り上げましたが、薬剤師会や学会でも様々な研修カリキュラムが用意されています。

薬剤師として働きながらスキルアップしステップアップしていくことができる環境が良く整えられています。

コメントは受け付けていません。

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。

アーカイブ

メタ情報