薬剤師ってどんなお仕事?    初歩からの簡単講座


薬局とドラッグストアの薬剤師の違い

投稿者: vakjoy, カテゴリー: 未分類

薬剤師として働く場所の選択肢として、調剤薬局ドラッグストアが主なものでしょう。

もちろん薬剤師の就職先のタイプはそのほかにもいろいろありますが、ここでは薬局とドラッグストアに絞って書きたいと思います。

 

薬局では


薬局での薬剤師の仕事は、調剤を中心とした一連の業務を意味します。

患者さんから処方せんを受け付けて調剤し確認し、最後にお会計をするところまでです。

詳しくは別の記事に書きましたのでそちらをご覧ください。

 

ドラッグストアの場合


ドラッグストアでは調剤だけなく、一般薬(OTC薬という)やサプリメント、衛生用品、その他食品など幅広い品ぞろえと取り扱いを行なっています。

ですからドラッグストアに薬剤師として働く場合でも、調剤だけということではない可能性が高いです。

最近の多くのドラッグストアでは調剤と販売の両方を薬剤師に任せることが多くなっています。

もし、薬剤師だから調剤しかやりたくないと考えているならば、調剤薬局に就職した方がよいでしょう。

 

OTC薬を担当する薬剤師は当然ながら患者さんからいろいろな質問を受けることになります。

多くの場合は患者さんに適したOTC薬を選ぶことです。

その際には、そのほかの選択肢を提案するという務めもあります。

患者さんの歩き方や話し方などを観察するなどして、薬以外の選択肢を勧めるという場合もあります。

薬に頼らないで食事や睡眠など生活面で気をつけることを勧めたり、患者さんの訴えから判断して薬で対応するよりは医療機関で診てもらうよう勧めたりします。

これをトリアージといいます。

 

薬剤師しか許されない


薬剤師が、OTC薬を扱う必要があるのは、改正薬事法の中で、「OTC薬の第一類医薬品の情報提供は薬剤師が行うこと」と定められているからです。

第一類医薬品というのは、医療用として使われていた成分を転用した薬がほとんどだからです。

専門知識がある薬剤師が説明することによって安全性を高める意味があります。

 

このようにドラッグストアでの薬剤師には幅広い知識や判断力が求められることがわかります。

つまりゼネラリストとしての素質が求められる仕事だと言えます。

しかしドラッグストアでの仕事の経験を積むことによって、患者さんとのコミュニケーションが上手になるという効果も期待できます。

これからの薬剤師にはコミュニケーションスキルも大切です。

 

コメントは受け付けていません。

調剤以外の仕事

投稿者: vakjoy, カテゴリー: 未分類

薬剤師の仕事は主に調剤とそれに付随する業務ですが、患者さんが来なくなったらその日の業務は終了というわけではありません。

実は薬局の営業を終えた後にも様々な仕事が残っています。

 

終了後の業務


調剤の記録や薬歴、処方せんの保管や管理を行います。

または不足しそうな医薬品の発注作業もあります。

翌朝のことを考えて前の日の午後3:00にいったん発注を行うことが多いです。

 

適正な在庫数を管理することが重要です。

最近ではバーコードを使って発注できるようなシステムも開発されて、業務の効率化がすすめられています。

薬局の場合はあらゆる処方せんが来るので、その分多くの種類の医薬品を取りそろえていることが必要です。

どうしても在庫が膨らむのでその中でも最小限に抑えるよう管理することを心掛けます。

以前と違い、ジェネリック医薬品を取りそろえたり、長い処方日数に対応できる分の数量を取っておいたりする必要があります。

 

また営業時間に患者さんをなるべく待たせないようにするために、調剤時間を短縮するために準備を行います。

予製といって、あらかじめ錠剤を 14錠ごと、28錠ごとなど輪ゴムでまとめたり、軟膏や散剤を用意したりなど、細々とした仕事があります。

 

スキルアップ


空き時間や薬局を終了した後の時間を使って新しい医薬品の情報を収集することも重要な仕事です。

訪れる患者さんに質問されたり、医療機関の医師から情報の提供を求められることもあります。

その時に適切な回答ができるように、常日ごろから意識的に情報収集しておくことが役立ちます。

 

薬剤師のための学会研修会も多く開催されています。

そのような機会をよく捉えて、最新の医療や薬学の情報を積極的に収集しておくようにしましょう。

会社から業務として求められるものではありませんが、薬剤師としてスキルアップしていくために欠かせない個人的な業務と言えます。

以上のように、調剤以外の仕事も数多くありますし、個人としても腕を磨いていくことも求められるお仕事です。

 

コメントは受け付けていません。

お薬手帳の役割

投稿者: vakjoy, カテゴリー: 未分類

調剤薬局で保管している記録は薬歴といいますが、患者さん自身が持つ記録は「お薬手帳」になります。

お薬手帳とは、処方された医薬品の名称や用量、服用回数などの記録を残すための手帳です。

 

チェックするため


一人の患者さんは複数の医療機関にかかる場合が多いので、記録を一冊にまとめることで薬が重複していないかチェックすることができます。

 

例えば、ある病院で処方された薬を飲んでいるとします。

そのあいだに歯が痛くなったので歯医者さんで治療を受けて抗生物質や鎮痛剤が処方されたとします。

お薬手帳によってチェックがなされなければ、同じような薬を同時に飲むこともありえます。

当然ながら用量が多すぎますし、副作用が起こる危険性が高まります。

 

医師による診察の時や薬剤師による聞き取りの時に、他に飲んでいる薬はないか確かめると思います。

しかし何らかの理由で確かめられないことや患者さん本人が忘れていることもありますが、お薬手帳に記載してあればチェックすることができます。

最近では医療機関からシールタイプのものが発行されるので、自分で手帳に簡単に貼り付けることができて便利です。

 

時々風邪をひいたときに薬を処方してもらうくらいの人であればあまり違いはないかもしれません。

しかし毎日のように薬を飲んでいるような患者さんには特に有効でしょう。

 

災害時にも


災害が発生した時にもお薬手帳が役に立つことがあります。

災害時には、処方せんがなくても服用している薬が分かれば調剤してもらうことができ、すぐに役立ちます。

東日本大震災の時には病院の記録や薬局の薬歴が流されてしまっても、患者さんがお薬手帳を持参すれば医薬品を入手することができたそうです。

 

万が一の時のためにお薬手帳を携帯しておくよう啓もうしている薬局もあります。

最近では、スマートフォンなどにお薬手帳のアプリを入れて携帯することもできるようになりました。

しかし主に薬を頻繁に使うのは若い人というよりも高齢者の方の方が多いでしょう。

ですから高齢者の方々にお薬手帳の意味をよく知っていただく必要があるでしょう。

コメントは受け付けていません。

後発医薬品ってなに?

投稿者: vakjoy, カテゴリー: 未分類

一般に医薬品には「新薬」と「ジェネリック医薬品」とがあります。

 

新薬とは


新薬は先発医薬品ともよばれ、開発には莫大な費用と膨大な時間が掛かっています。

薬を開発した製薬会社は、特許を取得して製造法や販売権を独占することができます。

そのため末端でも新薬の販売価格は高くなります。

しかし一定の特許期間が終了すると、製造法や有効成分の情報は社会共有の財産になります。

そうなるとその他の製薬会社は、同じ成分同じ効き目の医薬品を自由に製造できるようになります。

これによって製造された医薬品を後発医薬品といいます。

 

後発医薬品


後発品は欧米では一般名で処方されることが多いため、一般つまりジェネリックと呼ばれるようになりました。

後発品の場合すでに薬の安全性と有効性が実証されているので、臨床試験やその他のさまざまな手続きを省略することができる分、販売価格を抑えることができます。

 

先発医薬品つまり新薬は、特許が切れた後も薬としては製造されます。

販売価格は特に下がるわけではないので、ジェネリック医薬品との価格差が発生します。

医師からの処方せんに新薬の指定がなされていて、それに対応する後発品がある場合は薬剤師として患者さんにその旨を知らせることになっています。

患者さんの多くは費用が抑えられるのでジェネリックを選ぶことが多いかもしれません。

 

日本政府も


それに加えて厚生労働省では医療費を抑制するために、先発医薬品よりも単価が低いジェネリック医薬品を積極的に推進しています。

2018年までにジェネリックの使用比率を 60 パーセントにする目標を立てています。

その成果があってか、ジェネリック薬品のシェアは年々高まっています。

2012年9月の段階で 40パーセント近くまで上昇させることができました。

 

薬剤師の業務としては、患者さんにジェネリック医薬品を強要することはできませんし、求められてもいません。

でも効き目が同じなら、費用が抑えられるジェネリック医薬品の方を選ぶのは、患者としては自然かもしれませんね。

 

コメントは受け付けていません。

疑義照会は何を照会する?

投稿者: vakjoy, カテゴリー: 未分類

薬剤師に課せられている義務の一つがこの疑義照会です。

適切に患者に対して投薬するときに間違いがあってはなりません。

薬剤師法では「薬剤師は、処方せん中に疑わしい点があるときは、その処方せんを交付した医師、歯科医師または獣医師に問い合わせて、その疑わしい点を確かめた後でなければ、これによって調剤してはならない」と定めています。

 

疑わしいとき


処方せんに疑わしい点があった場合には処方せんを作成した医師に照会を行う義務があります。

また処方せんに疑わしい点があることに気付く義務もあります。

 

薬剤師は処方せん受け取った時にまず処方せん鑑査を行って内容をチェックします。

はじめに書類としての形式的な不備がないかどうかをチェックします。

それから医薬品名、分量、用法用量、後発医薬品への変更の有無といった内容をチェックします。

高齢者や子供の場合は薬の用量に制限があることや、アレルギーや副作用など患者ごとの情報を頭に入れておきます。

 

処方せんの内容に疑問が生じたときに疑義照会を行います。

照会は要点を踏まえたものとなるように、事前にポイントを整理し、医師に分かりやすいように伝えることが大切です。

同時に代替案も用意して提案できるとベストです。

 

照会の後


回答が得られたなら処方せんの備考欄に照会日時、照会先名、照会内容と結果、そして照会した薬剤師の氏名を記入します。

場合によっては処方通りでよいとの回答をもらうことがあります。

その場合は実質的な変更はありませんが、薬剤師が疑義照会をしたという事実は記録しておく必要があります。

患者の安全性を守るために疑義照会を行いますが、薬剤師自身を守るためにもこの手順は大切です。

 

なぜならば、もし処方された薬によって患者さんの体調が悪化した場合に、その責任が薬剤師に問われる可能性があるからです。

過去にあった実際の事件として、疑義照会をしないまま調剤をした結果、患者が副作用のために死亡したことがありました。

 

医薬分業という言葉があります。

医師側と薬剤師側で明確に責任を分けて考えるという原則ですが、疑義照会はまさにこの医薬分業の本質です。

薬剤師の社会的地位が保たれているのはこの疑義照会によると言っても過言ではありません。

 

コメントは受け付けていません。

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。

アーカイブ

メタ情報