薬剤師ってどんなお仕事?    初歩からの簡単講座


調剤以外の仕事

投稿者: vakjoy, カテゴリー: 未分類

薬剤師の仕事は主に調剤とそれに付随する業務ですが、患者さんが来なくなったらその日の業務は終了というわけではありません。

実は薬局の営業を終えた後にも様々な仕事が残っています。

 

終了後の業務


調剤の記録や薬歴、処方せんの保管や管理を行います。

または不足しそうな医薬品の発注作業もあります。

翌朝のことを考えて前の日の午後3:00にいったん発注を行うことが多いです。

 

適正な在庫数を管理することが重要です。

最近ではバーコードを使って発注できるようなシステムも開発されて、業務の効率化がすすめられています。

薬局の場合はあらゆる処方せんが来るので、その分多くの種類の医薬品を取りそろえていることが必要です。

どうしても在庫が膨らむのでその中でも最小限に抑えるよう管理することを心掛けます。

以前と違い、ジェネリック医薬品を取りそろえたり、長い処方日数に対応できる分の数量を取っておいたりする必要があります。

 

また営業時間に患者さんをなるべく待たせないようにするために、調剤時間を短縮するために準備を行います。

予製といって、あらかじめ錠剤を 14錠ごと、28錠ごとなど輪ゴムでまとめたり、軟膏や散剤を用意したりなど、細々とした仕事があります。

 

スキルアップ


空き時間や薬局を終了した後の時間を使って新しい医薬品の情報を収集することも重要な仕事です。

訪れる患者さんに質問されたり、医療機関の医師から情報の提供を求められることもあります。

その時に適切な回答ができるように、常日ごろから意識的に情報収集しておくことが役立ちます。

 

薬剤師のための学会研修会も多く開催されています。

そのような機会をよく捉えて、最新の医療や薬学の情報を積極的に収集しておくようにしましょう。

会社から業務として求められるものではありませんが、薬剤師としてスキルアップしていくために欠かせない個人的な業務と言えます。

以上のように、調剤以外の仕事も数多くありますし、個人としても腕を磨いていくことも求められるお仕事です。

 

コメントを受け付けておりません。

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。

アーカイブ

メタ情報