薬剤師ってどんなお仕事?    初歩からの簡単講座


薬局とドラッグストアの薬剤師の違い

投稿者: vakjoy, カテゴリー: 未分類

薬剤師として働く場所の選択肢として、調剤薬局ドラッグストアが主なものでしょう。

もちろん薬剤師の就職先のタイプはそのほかにもいろいろありますが、ここでは薬局とドラッグストアに絞って書きたいと思います。

 

薬局では


薬局での薬剤師の仕事は、調剤を中心とした一連の業務を意味します。

患者さんから処方せんを受け付けて調剤し確認し、最後にお会計をするところまでです。

詳しくは別の記事に書きましたのでそちらをご覧ください。

 

ドラッグストアの場合


ドラッグストアでは調剤だけなく、一般薬(OTC薬という)やサプリメント、衛生用品、その他食品など幅広い品ぞろえと取り扱いを行なっています。

ですからドラッグストアに薬剤師として働く場合でも、調剤だけということではない可能性が高いです。

最近の多くのドラッグストアでは調剤と販売の両方を薬剤師に任せることが多くなっています。

もし、薬剤師だから調剤しかやりたくないと考えているならば、調剤薬局に就職した方がよいでしょう。

 

OTC薬を担当する薬剤師は当然ながら患者さんからいろいろな質問を受けることになります。

多くの場合は患者さんに適したOTC薬を選ぶことです。

その際には、そのほかの選択肢を提案するという務めもあります。

患者さんの歩き方や話し方などを観察するなどして、薬以外の選択肢を勧めるという場合もあります。

薬に頼らないで食事や睡眠など生活面で気をつけることを勧めたり、患者さんの訴えから判断して薬で対応するよりは医療機関で診てもらうよう勧めたりします。

これをトリアージといいます。

 

薬剤師しか許されない


薬剤師が、OTC薬を扱う必要があるのは、改正薬事法の中で、「OTC薬の第一類医薬品の情報提供は薬剤師が行うこと」と定められているからです。

第一類医薬品というのは、医療用として使われていた成分を転用した薬がほとんどだからです。

専門知識がある薬剤師が説明することによって安全性を高める意味があります。

 

このようにドラッグストアでの薬剤師には幅広い知識や判断力が求められることがわかります。

つまりゼネラリストとしての素質が求められる仕事だと言えます。

しかしドラッグストアでの仕事の経験を積むことによって、患者さんとのコミュニケーションが上手になるという効果も期待できます。

これからの薬剤師にはコミュニケーションスキルも大切です。

 

コメントを受け付けておりません。

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。

アーカイブ

メタ情報