薬剤師ってどんなお仕事?    初歩からの簡単講座


薬歴ってなに?

投稿者: vakjoy, カテゴリー: 未分類

漢字を見ての通り、薬の履歴のことです。

患者さんのこれまでの薬を服用してきた履歴を記録したものです。

かなりプライバシーに関係する情報が記載されています。

薬の名前、服用する量そして日数のほかに患者特有のプロフィールつまりアレルギー、副作用、体質、病歴、妊娠の有無、たばこやお酒の有無、その他服用している薬の有無などです。

これらの履歴を新たな処方せんの内容と突き合わせて、何か変更がないか問題がないか検討して、必要であれば医師に疑義照会します。

 

日本独自


薬歴は日本独自のシステムで、世界の先端を行っているといえます。

医師が患者の情報をカルテに記録するのと同じように、薬剤師は患者の情報を薬歴に記録するというわけです。

 

薬剤師は薬歴に基づいて薬の飲み合わせや副作用について、さらに薬の保存の仕方についてチェックをすることができます。

薬歴は「薬歴簿」として保管されていますが患者の数だけそのファイルの数が増えていく問題があります。

薬局で管理するのですが保管するためのスペースに限界があります。

またデータになっていないものは、後から検索したり読み取ったりするときに苦労する場合があります。

そこで最近では薬歴を電子化して保管する「電子薬歴」も登場しました。

 

デジタル化


電子薬歴ならば保管スペースは必要ありませんし、情報を検索したり加工もしくは判読したりすることが簡単になります。

それまであった紙の薬歴簿でもスキャナーで読み取って電子化することができます。

手書きの調剤簿であってもイメージデータとしてスキャナーで読み取っておけばコンピューター上で一括管理することができます。

薬歴簿を電子ファイルとして保管しておけば薬歴を問い合わせたり、プリンターで印刷出力したりすることができます。

もちろん電子データになっているので IT時代に求められる当然のこととして、薬歴という個人情報は細心の注意を払って管理する必要があります。

 

電子カルテをはじめ医療のさまざまの現場で IT化が進んでいますが、薬剤師の現場でもこの波が確実にやってきています。

 

コメントを受け付けておりません。

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。

アーカイブ

メタ情報