薬剤師ってどんなお仕事?    初歩からの簡単講座


勤務先の研修体制はどうか

投稿者: vakjoy, カテゴリー: 未分類

6年間の教育課程を修めて、薬剤師の国家試験に合格したとしても、実はすぐに現場で活躍できるわけではありません。

 

現場に立つためには


現場で活躍できるようにするためにはまず薬剤師としての教養や知識や技能が求められます。

そのために研修制度が設けられています。

研修制度は新人のためだけなく、その後のステップアップのためにも研修を設けているところがあります。

 

新人研修

患者さんと向き合う現場に出るために、最低限の知識や技能を身に着けている必要があります。

薬局の場合、半年から1年ほどのカリキュラムで、社会人としてのマナーから始まり保険制度や医薬分業、調剤業務などを学ぶことになります。

それと並行して、入ってから3ヶ月あたりから実務教育も始まります。

この時に処方せんの受け付けから薬の受け渡しまでの一連の流れを覚えます。

具体的には、処方せんの受付の仕方、薬歴の記載方法、疑義照会の仕方、調剤の仕方、処方せんから病名を読み取る方法、医薬品管理、調剤時の注意点などです。

疑義照会とは、医療機関から発行された処方せんに疑わしい点があった場合、発行元に内容について確認することです。これは薬剤師に求められている義務です。

この義務と権限が薬剤師としての本質だといえます。

それらを学び終える実際の現場で指導薬剤師のもとで働くことになります。

この段階まで終えると、一人前の薬剤師として働くことができます。

 

中堅薬剤師研修

1~2年目の薬剤師を対象に知識・技術ともにさらに向上を目指し、さらにスキルアップするための研修が行われます。

フォローアップ研修ともよばれます。

将来、管理職として成長するための専門分野の研修が行われます。

 

管理者研修

これは3年目以降の新人管理者を対象として行われます。

幹部候補を育成するため、管理薬剤師としての考え方やスタッフを育成する仕方、またマーケティングなどを学びます。

このように薬剤師としてよいスタートを切るための手厚い研修制度が設けられています。

ここではおもに薬局勤務の場合について取り上げましたが、薬剤師会や学会でも様々な研修カリキュラムが用意されています。

薬剤師として働きながらスキルアップしステップアップしていくことができる環境が良く整えられています。

コメントを受け付けておりません。

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。

アーカイブ

メタ情報