薬剤師ってどんなお仕事?    初歩からの簡単講座


お薬手帳の役割

投稿者: vakjoy, カテゴリー: 未分類

調剤薬局で保管している記録は薬歴といいますが、患者さん自身が持つ記録は「お薬手帳」になります。

お薬手帳とは、処方された医薬品の名称や用量、服用回数などの記録を残すための手帳です。

 

チェックするため


一人の患者さんは複数の医療機関にかかる場合が多いので、記録を一冊にまとめることで薬が重複していないかチェックすることができます。

 

例えば、ある病院で処方された薬を飲んでいるとします。

そのあいだに歯が痛くなったので歯医者さんで治療を受けて抗生物質や鎮痛剤が処方されたとします。

お薬手帳によってチェックがなされなければ、同じような薬を同時に飲むこともありえます。

当然ながら用量が多すぎますし、副作用が起こる危険性が高まります。

 

医師による診察の時や薬剤師による聞き取りの時に、他に飲んでいる薬はないか確かめると思います。

しかし何らかの理由で確かめられないことや患者さん本人が忘れていることもありますが、お薬手帳に記載してあればチェックすることができます。

最近では医療機関からシールタイプのものが発行されるので、自分で手帳に簡単に貼り付けることができて便利です。

 

時々風邪をひいたときに薬を処方してもらうくらいの人であればあまり違いはないかもしれません。

しかし毎日のように薬を飲んでいるような患者さんには特に有効でしょう。

 

災害時にも


災害が発生した時にもお薬手帳が役に立つことがあります。

災害時には、処方せんがなくても服用している薬が分かれば調剤してもらうことができ、すぐに役立ちます。

東日本大震災の時には病院の記録や薬局の薬歴が流されてしまっても、患者さんがお薬手帳を持参すれば医薬品を入手することができたそうです。

 

万が一の時のためにお薬手帳を携帯しておくよう啓もうしている薬局もあります。

最近では、スマートフォンなどにお薬手帳のアプリを入れて携帯することもできるようになりました。

しかし主に薬を頻繁に使うのは若い人というよりも高齢者の方の方が多いでしょう。

ですから高齢者の方々にお薬手帳の意味をよく知っていただく必要があるでしょう。

コメントを受け付けておりません。

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。

アーカイブ

メタ情報