薬剤師ってどんなお仕事?    初歩からの簡単講座


薬剤師の就職を考える

投稿者: vakjoy, カテゴリー: 未分類

薬剤師の就職について考える場合、今は就職しやすい状況なのでしょうか。

実は数年前から薬剤師が過剰になる時代が来ることが言われていました。

そして数字の上ではすでに薬剤師の供給は需要を上回っています。

 

就職先に選ばれるために


就職先を選ぶ時に基本となるのは仕事内容です。

その仕事が自分に向いているのかいないのか、その仕事からやりがいを感じられるかを考えましょう。

またその仕事によって自分がどの程度成長できるか想像できるかもポイントです。

 

以前は就職先の規模の大きさや、給与や休暇などの待遇で選ぶことが多かったですが、今はそういう時代は終わったといわれています。

求人側が人材として求めるものとして、スキルだけなく人間力も持った人を探すようになりました。

 

企業を調査しましょう


就職を希望する薬剤師として考える別の基準は、就職先の企業はどのような経営理念を持っているかという点があります。

経営理念とは、その企業が活動を行なっていく際に指針となる基本的価値観や哲学、信念または目標を指します。

単なる看板として掲げて実質が伴っていない経営理念なら意味がありません。

その経営理念に沿った具体的な行動指針が定められ、実際にトップから末端までがそのために努力をしていることも確認したい点です。

 

どのような教育システムを備えているかという観点もあります。

社内での教育制度だけなくその他の教育やスキルアップの機会をサポートしてくれるところがよいですね。

そしてその就職先または会社で 5年後、10年後自分がどのような仕事をしているか想像してみて下さい。

 

自分磨き


以前は就職先のブランドや待遇で選ぶこともできました。

しかし今は売り手市場ではなく買い手市場となっているので、就職希望者が選ぶのではなく求人側が薬剤師を選ぶようになっています。

ですから薬剤師であれば好きなところに就職できるわけではないので、成長志向や目標を明確に持っていることが大切でしょう。

どのような薬剤師になりたいのか具体的なイメージを持てるように自分を磨いていきましょう。

 

コメントを受け付けておりません。

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。

アーカイブ

メタ情報